日本円の雑談
1/6

 単位「円」の起源:今日本で使っているお金の単位「円」は、明治時代の初頭に決まったものである。理由にはいくつか説があるのだが、「当時、新しいお金の形がすべて円形に統一されたから、名前も“円”になった」というシンプルな説が最も有力だとされている。

2/6

 日本のお札を作っている場所:万円札や千円札などすべてのお札に「日本銀行券」と書かれているように、日本で紙幣を発行しているのは「日本銀行」だが、お札を印刷する機関は日銀とは別にある。それが「独立行政法人 国立印刷局」である。

3/6

 日本で初めて肖像入りのお札が発行されたのは1881年。肖像画の人物は古事記や日本書紀に登場する「神功皇后(じんぐうこうごう)」。つまり、日本で最初のお札の肖像画は女性だった。現在に至るまで合計17人の肖像画がお札に用いられている。

4/6

 日本で最初の貨幣:この世にまだ「お金」がなかった時代、人々は物と物を交換して暮らしていたと考えられている。まず自分の持ち物をお米や塩、布、農具など、誰もが欲しがるものにあらかじめ替えておき、さらにそれを相手の持ち物と交換するという方法が考えられた。このようなお金のような役割をする物を「物品貨幣」と言う。

5/6

 記念貨幣は、国民がこぞってお祝いしたり、または記念すべき事柄について、閣議の決定を経て発行される。日本最初の記念貨幣は1964年の東京オリンピックを記念したものである。日本でこれまで発行されたのは、すべて硬貨であり、紙幣は発行されたことがない。

6/6

 一万円札100枚、つまり100万円で約1センチの高さになる。したがって、1,000万円では約10センチ、1億円では約1メートルの高さとなる。

发布人:doudoul

发布时间:2014.01.04浏览浏览5928次
分享
喜欢喜欢 0

全部评论

我来评论


在线客服乐语